医療機関の皆さまへ
診療スケジュール
アクセス
お問い合わせ
採用情報

【看護部】NICD ヒューマニティケア3期生 開校式を開催しました

採用

先日、NICD ヒューマニティケア3期生の開校式を開催しました。
これまで16名の看護職員が修了しているこの研修ですが、3期生となる今回からは、桜十字福岡病院に加えて桜十字大手門病院の看護職員も参加。合わせて15名がNICD技術の習得を目指して約1年間の研修に取り組みます。

【NICD(生活行動回復看護)とは?】
主に意識障害・寝たきり(廃用症候群)の患者さまが移乗・移動・食事・排泄など生活に関わる生活行動を「可能な限り自分でできるように」支援することを目的とした看護ケアです。身体調整看護技術・身体開放看護技術・生活行動再獲得技術の3つの要素からアプローチを行います。
このNICDを学ぶ研修を桜十字では「ヒューマニティケアエキスパート研修」と呼んでいます。
詳しくはホームページをご覧ください。

3期生から決意発表がありました。その一部を紹介します。


私は、障害者一般病棟に新卒として入職しました。意識障害や拘縮、床上排泄、経管栄養、点滴、そして看取りまで、先輩方の指導を受けながら看護をおこなっています。

1、2期生と共にNICDを行った際に、何年も意思疎通ができないと思っていた患者さまが笑顔で頷き、食事が食べられるまで回復した姿を見て、『看護が変われば患者さまの生活が変わる、自分たちの手で患者さまを変えることができる』ことに気づかされました。
これから3期生15名で力を合わせ、技術習得を目指します。

研修生代表 5階病棟看護師


桜十字大手門病院では一緒に働く看護師・介護士を募集しています。最近はNICDヒューマニティケアをやってみたいと入職される方も増えました。ぜひ、興味を持った方はご応募ください。

LINE・エントリーフォームで受付中です。
ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

人事LINE  エントリーフォーム

(Posted by 看護部)

最近の記事

PAGE TOP